So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイオウグソクムシ 最終手段 [動物]

鳥羽水族館で飼育展示してる「ダイオウグソクムシ」が20009年1月2日に餌を食べて以来、
実に3年11ヶ月(1408日!)も現在進行形で絶食状態を続けてます。

フナムシやダンゴムシの仲間で上から見るとこんな感じです。↓
c-172.jpeg
確かにダンゴムシをそのまま大きくした感じですね。

裏側の画像は無数の足がわさわさーっと生えてて、さながら皆様の台所でお見かけする「アレ」と酷似したグロ画像のためお見せできませんw。

国内で最初にダイオウグソクムシを飼育した葛西臨海水族園の雨宮健太郎さんは
「当園のダイオウグソクムシは週に1度餌を与えているが1カ月に1度食べるか食べないか。その時の食べる量は約50グラムのカタクチイワシ3分の1程度。3年以上絶食している個体は当園にはいない」と話してます。

元々あまり動かないのでエネルギー消費が低いため餌をそれほど必要としないからか、深海の生き物なので過酷な環境でも行き耐えられるような体の構造になってるのか、
生体がよく分かってない謎の多い生物です。

しかし本当に確認できる個体で、この鳥羽水族館以外に4年近くも絶食してるダイオウグソクムシがいないなら、ギネスに申請できそうな勢いですねー。

本当に死ぬまで食べない感じなら最終手段で標本にするか、マニアに販売するしかないかなあ・・・。

このギネス級ダイオウグソクムシを担当してる飼育員さんは「11月5日に餌を与えたところ、いつもより少し反応が良かったが、結局今回も食べなかった。もしかすると来月か再来月には食べてくれるかも」と期待を込めてました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バハモンドオウギハクジラ 打ち上げ [動物]


2010年にニュージーランド(NZ)沿岸に打ち上げられて死んだ
バハモンドオウギハクジラ(ニュージーランド政府提供)↓

48ae043f.jpeg


ー以下引用<ワシントン共同>ー

2010年末にニュージーランド沿岸に打ち上げられて死んだ2頭の小型クジラが、
これまで骨の標本でしか確認されていない極めて珍しい種だと分かったと、
ニュージーランドの研究チームが6日付の米科学誌に発表した。

見つかったのは体長5・3メートルの母親と3・5メートルの子どものペア。
当初は別の種と考えられたが、DNA解析の結果、トランプのスペード形に似た歯を持つ
バハモンドオウギハクジラと判明した。このクジラの標本は1872年に見つかった下顎の骨と、
1950年代に見つかった2個の頭骨しか存在しない。

確認例が少ないことに、チームは「深海に潜るため」としている。

ー引用ここまでー

一瞬どこが口だかわからなくなる顔ですなw

分類学的にはこのハクジラの小型種がイルカと呼ばれるそうな。そういえば目元がイルカっぽいかな?

それにしてもクジラはほ乳類だからエラ呼吸できないはずなのに、深海に潜るって相当苦しいはず。

浮上や潜水スピードが特別早い体質なんだろうか?でもそうだと水圧が相当かかってくるよなー。

うーむ、ロマンあふれるクジラの謎は深まるばかり。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。