So-net無料ブログ作成

日本直販 倒産 [経済]

テレビ通販大手の「日本通販」と運営する総通が9日午後、負債総額約175億円をかかえ倒産しました。

9月頃にネットや一部メディアで倒産したという噂が流れ、実際には違っていたようですが、今回は本当です。

毎日お昼時に流れていたお馴染みのあのテレビショッピングCMだけに寝耳に水のニュースです。

最近はどうもヒット商品に恵まれず、amazonや楽天等のネット通販業者の台頭によって収益が悪化していったそうです。

時代の流れとはいえ、さみしいものがありますね。

「日本文化センター」も最近見なくなったし大丈夫なんだろうか?

日本直販(総通)は、昭和36年にペン習字の通信事業に創業、通販事業に乗り出したのは47年です。

実に40年以上も続いてる歴史ある企業だったんですね・・・。

庭木の手入れに使う、3メートルものびる「高枝切りばさみ」や

掃除機の先端につけて細かいところのごみができる「スーパーはぼき」など、どこの家庭にも置いてありそうな商品を開発したのはこの会社です。

ところが平成4年から新社屋を建てて負債が膨らみ、最近はヒット商品を生み出せない上、前述のようにネット通販事業に押されて業績が悪化していきました。

通販業務は、東証一部上場のトランスコスモス(東京都渋谷区)が、スポンサーとなり継続する方針で協議しています。

良い商品を販売してる、評判のいい優良企業なので通販だけでもなんとか続けていってほしいものですね。

厳しいですが、続けるにしても「ジャパンネットたかた」みたいな強烈なキャラ性やコンセプトがないと生き残れないでしょう。


日本直販 昔懐かしいテレビショッピングCM〜電子レンジ編↓


最後のフレーズの「お待ちしていまぁ〜す〜♪」が懐かしい・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース